全ての女性に自信を|育毛剤の実力をご覧あれ

ボリュームが2〜3倍に

メンズ

増毛では、1本につき2〜3本の人工の髪を結ぶことができます。その分本数が増えて見えるようになるので、薄毛を解消できることから人気があります。ただし人工の髪は成長しないので、成長した本物の髪との長さをそろえるために定期的にカットすることが必要です。また、抜けて少なくなった分は追加で結ぶことができます。

もっと見る

増毛後の生活を確認

困る男性

増毛法は育毛剤と違って確実な効果があり、バレる心配や植毛手術のようなリスクも低いのが特徴です。多くのサロンでは無料増毛体験を実施しており、無駄な費用をかけずに増毛後の生活を確かめてみることができます。

もっと見る

髪のコンプレックスを解消

櫛

髪を自然に増やしたい、短期間でほしい分だけカバーしたいといった要望に応えられる増毛技術を要しているのがアートネイチャーです。主体となっている手法はフォーディーエムとマープとなります。アートネイチャーでは、そんな技術を気軽に体験できる無料増毛も行っています。

もっと見る

刺激の少ない物が良い

育毛剤

男性用に比べて女性用の育毛剤の大きな特徴は刺激が少ないということです。女性の頭皮はとてもデリケートな上にパーマやカラーリングなどをして髪が傷んでいる場合もあるので、女性用の育毛剤は洗浄成分よりも保湿成分に重点がおかれて、多くの栄養素が含まれています。女性用育毛剤の主な成分としては、センブリエキス・酢酸トコフェロール・リチルリチン酸・ニコチン酸アミドなどがあり、血行促進や毛根の細胞の活性化やフケ・かゆみの改善などの効果があります。さらにプラスして、天然由来の有効成分として頭皮を清潔に保つ成分などが含まれています。ほかにも女性らしさとして、嫌なベタつきや匂いが少なく使用感がさっぱりとしていて使い易いのも特徴です。

女性が育毛剤を使用するときはなるべく男性用のものは避けるべきです。そもそも女性と男性では薄毛になる原因が違います。男性は男性ホルモンが過剰に分泌されることによりますが、女性はホルモンの乱れによることが多いです。それなので、育毛剤の中身の成分にも違いがあります。男性用育毛剤には男性ホルモンの抑制効果がありますが、それは女性の薄毛対策にはあまり関係のない効果であり、それどころか場合によっては炎症を引き起こすなどの害になってしまう可能性もあります。女性用育毛剤の選び方としては、成分の他に使いやすさにも気をつけて下さい。毎日使うものなので、ボトルが手に馴染むような大きさか、なるべく使いやすいものを選んだほうがいいです。